KCCS、MOTEXを完全子会社化--売上高100億円目指す

田中好伸 (編集部)

2012-10-17 15:52

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は10月17日、セキュリティ製品を開発するエムオーテックス(MOTEX)の全株式を取得して、子会社化することを発表した。買収金額は明らかにしていない。11月15日に子会社化する。

 KCCSのセキュリティ事業は、脆弱性診断や改竄検知、マルウェア検知などを提供している。MOTEXは、ネットワークセキュリティ統合管理ツール「LanScope Cat」などを提供している。

 今回の子会社化でKCCSは今後、外部脅威対策ソフトウェアの供給だけでなく、外部と内部の両方の脅威から企業の情報を守るトータルセキュリティ事業を展開できると説明。MOTEXの約6300社というユーザー企業への販路も獲得する。

 日本市場に加えて、KCCSですでに拠点のある中国と東南アジアで販売することで事業拡大を図っていく。セキュリティ事業で4年後に売上高100億円を目指す。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]