10倍のパフォーマンスを1/6の価格で--エン・ジャパンがIT基盤を刷新へ

ZDNet Japan Staff

2012-11-19 16:21

 求人情報サイトを運営するエン・ジャパンは、全社業務改革の一環として、日本マイクロソフトの「SQL Server SSD Appliance」を採用した。パフォーマンスとコストの両面を検討した結果、採用を決めたという。製品を提供した日本マイクロソフトが11月19日に発表した。

 今回採用されたSQL Server SSD Applianceは、日本マイクロソフトのデータベース「SQL Server 2012」、HPのサーバ「HP ProLiant DL980 G7」およびフラッシュストレージ「HP VMA3205」を組み合わせた製品だ。

 エン・ジャパンが運営するウェブサイトは、多くのユーザー数を抱えていることに加え、情報の入力や更新が非常に多いところが他のサービスと大きく異なっている点だという。また、膨大な求人情報からユーザーにマッチしたデータを探すため、複雑で高度な検索にも素早い対応が要求された。

 エン・ジャパンでは1月に日本マイクロソフトに具体的な企画提案を依頼。日本マイクロソフトでは、SQL Server 2012をデータベースとした複数の構成パターンを提案していた。複数の製品を検討した結果、9月に採用を決めている。

 採用にあたっては、高いトランザクション処理性能だけでなく、コストパフォーマンスが非常に重要なポイントになったようだ。日本マイクロソフトが公開した文書では、エン・ジャパン サイト企画部 「社会人の転職情報」グループ マネージャの佐原潤氏による「パフォーマンスは約10倍になっているのに価格は6分の1近くに下がっています」というコメントが引用されている。

 日本マイクロソフトでは、価格を抑えながらパフォーマンスを向上できた背景には、スペックを向上させたハードウェアと、ハードウェアが持つパフォーマンスを最大限に引き出そうとするソフトウェアが融合した結果にあると解説している。

 ITインフラの刷新には多額の費用がかかるのが常だが、佐原氏は「5年前のサーバを使い続けるのはPL(損益計算書)上は良いのですが、肝心のビジネスが許さない時代になっているのです」とコメント。エン・ジャパンでは、時代にあった最適なITインフラをリーズナブルなコストで調達していく方向に変わりつつあるという。

 エン・ジャパンでは今後、ウェブサイトのパフォーマンス向上をさらに進めるとともに、求職者や企業の担当者を対象にビジネスインテリジェンスの機能を提供していきたい考えも示している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]