編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

コンカー、2013年に5つの新サービス提供へ--第1弾「Concur Invoice」

冨田秀継 (編集部)

2013-02-26 17:59

 経費精算ソリューションをクラウドで提供するコンカーは2月26日、新サービス「コンカー インボイス」を同日から提供すると発表した。請求書支払いの運用管理をSaaSで提供する。また、2013年中に出張管理などに関連する5つの新サービスを国内向けに提供したい考えだ。

 コンカーは2012年2月に経費精算の運用管理サービス「コンカー エクスペンス」の提供を開始。今回発表したコンカー インボイスは請求書支払いの運用管理サービスだ。これにより、間接費を二分する「従業員立て替え経費」と「請求書支払い」を、それぞれエクスペンスとインボイスが対応する体制を整えた。

三村真宗氏
三村真宗氏

 同社代表取締役社長の三村真宗氏は「インボイスの提供によって、コンカーは直接費用を除く間接費のすべてをカバーすることになった」とポートフォリオ拡充の意義を強調した。

 一方、材料費や人件費などの直接費は、所轄部門の専門ユーザーがSCMやHRシステムに入力し、会計システムへとつないでいくやり方が主だ。この分野は「データ中心主義的にERPで連携されていく領域で、これが過去20年(の情報システムで)起こったことだ」と三村氏。SAPジャパン創業メンバーらしく解説してみせた。

  • 直接費と間接費の特徴と課題

  • 従来の経費処理プロセス

  • コンカー インボイスのプロセス

 間接費の高度なIT化は、財務・経理部門だけでなくエンドユーザー(全社員)に関わってくる。そのため、使い勝手の面でERPの普及が困難であり、手作りのシステムや紙ベースでのやり取りが未だに多い領域だという。また、実務面では、従業員と経理部門による二重入力といった生産性と効率性の問題、そして透明性の確保という課題が存在している。

 コンカー インボイスでは、自動入力やCSV形式の請求書の取り込み機能を用意して手作業を削減。また、請求書をスキャンしてOCRで内容を読み取り、自動起票できる機能を今年度中にも提供するほか、請求書入力のアウトソーシングサービスも提供したい考えだ。

 ブラウザ上で入力される請求書情報は、規定に基づいたものかリアルタイムでチェックされる。承認ワークフローに流す前に、請求書のイメージを添付することも可能だ。

 SaaSとして提供されるコンカー インボイスは、スマートフォンやタブレットでの利用も想定。承認者はこれらのポストPCデバイスを活用して、いつでも、どこからでも請求書を承認できるとしている。また、CFOをはじめとする経営層らは経費に関わる分析レポートを活用することも可能だ。

 ベンダー側は、コンカーが提供する「サプライヤーポータル」を通じて支払い状況を随時チェックできるため「問い合わせ対応の負荷も削減可能だ」と三村氏は言う。

新サービス投入で280社までユーザー拡大へ

 同社は2013年にコンカー インボイスを含む5つの新サービスを投入する予定。今回明らかになったのは、国内外のホテル予約と航空券予約を提供する「コンカー トラベル」(2013年中頃)、出張アシスタントを謳うモバイルアプリ「TripIt」(2013年終わり頃)、出張中の従業員の位置を地図上にマッピングするリスク管理サービス「Locate & Alert」(2013年終わり頃)だ。

 これらのサービスはすべて出張の「前工程だ」と三村氏。「前工程の情報がコンカーに入力されていると、驚くほど早く精算が終わる」という。

マイケル・ヒルトン氏
マイケル・ヒルトン氏

 コンカーの導入数は2012年に230社を数えた(日本法人設立前からの導入も含む、同年の純増は20社)。2013年にはこれに50社を積み増し、280社までユーザーを拡大させたい考えだ。

 米Concur Technologiesでプロダクトマネジメント&ストラテジー 上級副社長を務めるマイケル・ヒルトン氏は「コンカーにとって日本は、最も急成長を遂げている市場だ」とコメント。日本でのサービス拡充を約束するとともに、日本法人の成長にも期待を寄せていた。

  • コンカーの2013年の成長戦略

  • 2013年のサービスリリースプラン

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]