EMC、ハイエンドストレージ「VMAX」活用のクラウドサービス構築モデルを提供

田中好伸 (編集部)

2013-03-19 14:45

 EMCジャパンは3月19日、「EMC Symmetrix VMAX Cloud Edition(VMAX CE)」の販売を開始した。プライベートクラウドなどを構築するユーザー企業とサービスプロバイダーを対象にしている。

 VMAX CEは、大企業向けのハイエンドストレージ「EMC Symmetrix VMAX」とサービスレベルを制御する自動階層化機能「FAST VP(Fully Automated Storage Tiering with Virtual Pools)」を組み合わせた。ユーザー企業がプライベートクラウドやハイブリッドクラウドを構築して、そのストレージ基盤として利用できる。サービスプロバイダーなら、顧客向けに“Storage as a Service”を提供できる。


 セルフサービスポータル機能も搭載。導入する企業が自ら、リソースを追加したり変更したりできる。分散システムで複数のソフトウェアを連携させるのに適した設計原則の集合であり、それをウェブサイトに適用したソフトウェアの設計様式である“REST(Representation State Transfer)”のAPIに対応しており、VMAX CEのレポート情報と既存のサービスポータルと連携が可能。ユーザー企業やサービスプロバイダーは容易にクラウドサービスを構築できるとメリットを説明する。

 VMAX CEでは、5種類のサービスレベルカタログをベースにした価格体系を用意。導入する企業は、必要な容量と性能に応じて、最適なサービスレベルをビルディングブロック方式で組み合わせて利用できる。ハードウェア構成に依存せず、システム構築後も柔軟にインフラを拡張できることから、利用する容量やサービスの変化に応じて、投資計画を立てやすいという。

 VMAX CEにはスターター・キット・モデルも用意している。スターター・キット・モデルは、容量で最適化されたシステムと性能で最適化されたシステムを用意。容量が47.3Tバイトで、サービスレベルがブロンズとシルバーで構成したスターター・キット・モデルは税別価格1935万5400円~。VMAX CEは、EMCジャパンと同社パートナー企業が販売する。

図 VMAX CEの価格設定と提供モデル
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]