編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

従業員のファイル共有サイトにも--SAPが社内文書へのアクセス管理ソフト提供

ZDNet Japan Staff

2013-04-02 17:58

 SAPジャパンは4月2日、モバイルコンテンツ管理ソフトウェア「SAP Mobile Documents」のクラウド版とオンプレミス版の提供を開始したと発表した。スマートフォンやタブレットの普及で、ビデオ、文書、スプレッドシート、プレゼンテーション資料といった社内コンテンツへのモバイルアクセスのニーズが高まる中、モバイル端末から社内のコンテンツに安全にアクセスできる環境を構築できる。

 iPad、Windows、MacおよびHTML5対応ブラウザから利用でき、iPhoneやAndroid端末にも順次対応予定としている。

 社内コンテンツは通常、電子メールでやり取りされたり、モバイル端末や消費者向けのサードパーティが提供するファイル共有サイト上に保存して共有されたりしており、セキュリティ面の弱さが指摘される。

 Mobile Documentsの導入で、IT部門は社内コンテンツの集中管理やセキュリティポリシーを強化できる一方、ユーザーはいつどこからでも、あらゆるモバイル端末から社内コンテンツにアクセスできる。

SAP Mobile Documentsの画面
SAP Mobile Documentsの画面

 Mobile Documentsでは複数のモバイル端末間でファイルを同期。ファイルはワンクリックでオフライン利用できるよう端末に保存され、端末がオンラインになった時に自動的に最新の状態に同期されるという。

 特定のグループ内での複数ユーザーによるファイル共有も、ファイルを共有フォルダに保存するだけで可能。フォルダには共有するユーザーの範囲や期間、パスワードなどを設定できる。

 セキュリティ面でも、アクセス権限設定、フォルダ単位のパスワード設定、有効期限設定など、IT管理者が集中管理できるようにセキュリティポリシーも細かく設定できる。ファイル漏えいのリスクを軽減し、ビジネス利用を前提としたセキュリティを確保できるとしている。

 今後は、MDM(モバイルデバイス管理)ソフトウェア「SAP Afaria」との連携もサポートする。モバイル端末からアプリケーション、コンテンツまでの統合管理を実現でき、ユーザーごとやドキュメントごとのセキュリティポリシーの設定も行えるようにする。

 クラウド版とオンプレミス版の中間にあたるハイブリッド版も2013年第2四半期中に提供開始予定としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]