編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

アステラス製薬、基幹業務システムの開発や保守を外部委託--オフショアも活用

田中好伸 (編集部)

2013-05-08 17:45

 アステラス製薬は統合基幹業務システム(ERP)やサプライチェーン管理システム(SCM)などの基幹業務システムの開発や保守を外部委託する。受注したアクセンチュアが5月8日に発表した。

 アウトソース先を他社からアクセンチュアに変更したと見られる。今回の契約は、アステラス製薬の日本や北米、欧州地域の主要拠点での基幹業務システムの開発と保守が対象。契約期間は2013年からの8年間。計画では、アステラス製薬の主要拠点に加えて、アクセンチュアの中国とインド、ブラジルのセンターも活用してサービスが提供される。

 アステラス製薬はIT運用体制をオフショアを活用して世界で統一された体制に変えて、グローバル化を加速させていくとしている。同社は「Windows 7」を早期導入するなどITの活用に積極的な姿勢であることで知られている。同社のコーポレートIT部長を務めた重富俊二氏は現在、ガートナー ジャパンに在席している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]