編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら
PTC Live Global 2013

サービスが製造業のコアビジネスになる日

鈴木恭子

2013-06-27 17:09

 「今、製造業は大きな変革(Transformation)期にある。『製品』や『価値』という言葉の定義が従来は大きく異なり、顧客が『製品』に求めるものも変化している。そのような状況下でわれわれは、製造業が新たな環境の変化に対応し、成功を得られるよう強力にサポートしていく」

 そう語るのは、PLM(製品ライフサイクル管理)を手掛ける米国PTCで上級副社長兼CTO(最高技術責任者)を務めるAndrew M. Wertkin(アンドリュー・M・ワーキン)氏である。

「モノ」から「サービス」へのパラダイムシフト

PTCで上級副社長兼CTOを務めるAndrew M. Wertkin氏
PTCで上級副社長兼CTOを務めるAndrew M. Wertkin氏

 「製品」とは単なる“モノ”ではなく、製品を使用して得られるユーザー体験までも包含する。その時に重要になるのが、「製品のサービス化(Servitization)」であるというのが同氏の見解だ。

 PTCは6月10日から3日間の日程で、米国アナハイムにおいて、ユーザー向け年次コンファレンス「PTC Live Global 2013」を開催。そこでは「製造業が直面する7つの外的要因」と「外的要因に対応するための変革の重要性」が指摘された。

 「製造業が直面する7つの外的要因」とは、「デジタル化」「グローバル化」「法規制(Regulation)」「パーソナライゼーション」「スマートプロダクト」「常時接続性(Connectivity)」「製品のサービス化(Product as a Service/Servitization)」である。これは同社社長兼最高経営責任者(CEO)のJames E. Heppelmann氏が、コンファレンス初日のキーノートで指摘したものだ。

 こうした外的要因に対し経営側は、どのようなビジョンを掲げてビジネス戦略を立案すべきか。また、最高情報責任者(CIO)やIT部門の責任者は、どのような視点でITを活用し、変革を支援すべきか。コンファレンスではこれらの課題に取り組んでいるユーザー事例が多数紹介された。

 1985年に創立されたPTCは、PLMの「Windchill」を核に、3次元CADの「Creo」、ALM(アプリケーションライフサイクル管理)の「Integrity」、SCM(サプライチェーンマネジメント)の「FlexPLM」、SLM(サービスライフサイクル管理)など、主に業務プロセスを最適化するソフトウェアを提供している。

 中でもCreoは25年以上の歴史があり(2010年以前の名称は「Pro/ENGINEER」)、自動車、航空宇宙・防衛、産業機械といった業界で多く導入されている。また、2012年にはSLMベンダーの米国Servigisticsを2億2000万ドルで買収。同社が持つ補修部品の計画・管理・価格設定をはじめ、フィールドサービス管理、返品・修理管理、サービスナレッジ管理といった機能を既存のSLMに統合し、同分野のさらなる拡充を図った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]