編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

三井物産、プライベートクラウド採用によるサーバ統合で運用コストを削減

山田竜司 (編集部)

2013-08-08 17:22

 

 三井物産はプライベートクラウドを利用することでサーバを統合し、運用作業の標準化や自動化を推進している。システムを導入した日本マイクロソフトが8月8日に発表した。

 三井物産では、国内外100カ所以上にまたがって約1万5000人のユーザーを対象にシステムを運用しているが、ユーザーの拠点が分散しているため、サポート部門の負担が大きいことが課題だったという

 そこで同社では、社内サービス基盤の運用効率の向上とコスト削減を実現するために、2009年よりサーバマシン上で稼働中のシステムをプライベートクラウドに移行することを決めた。同社では、プライベートクラウド環境の構築にあたり、当初はWindows Server 2008 R2 Hyper-VとMicrosoft System Center Configuration Manager 2007 R3 などを利用していた。

 今回、サーバ統合と、運用管理業務の自動化、効率化をさらに推進するため、2013年より、Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V と Microsoft System Center 2012 の導入を開始したという。

 同社には当初 1200台以上のサーバマシンがあり、いずれも個々のアプリケーション専用機として設置していたが、これらのアプリケーションを順次プライベートクラウド上の仮想環境に移行している。

 また、これまでに約700の仮想マシンを構築、運用したことで、約10%の電力消費を削減し、今後さらに残りのサーバマシンを仮想環境に移行することで、より大きな効果を見込んでいるという。こうした運用作業の標準化、自動化により、運用者の負担が軽減し、より本質的なIT管理業務に注力しやすい環境づくりも行うことができたとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]