編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

キヤノンITS、セキュリティソフト「ESET」でWindows XPを2017年2月末までサポート

田中好伸 (編集部)

2013-08-20 11:54

 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は8月20日、セキュリティソフトウェアの法人向けライセンス製品「ESET Endpoint Protection」シリーズでクライアントマシンOS「Windows XP」でのサポートを2017年2月末まで継続することを発表した。同様の施策を打ち出したのはトレンドマイクロに続いて2社目になる。

 2017年2月末までWindows XPをサポートするのは、ESET Endpoint Protectionシリーズのうちの「ESET Endpoint Security」「ESET Endpoint アンチウイルス」の2製品。ウイルスを検出する定義データベースをアップデートするとともに、電話とウェブからの問い合わせに対応する。Windows XPを開発するMicrosoftのサポートが終了するために、Windows XPに脆弱性が新たに発見された場合は、ESETでは対応できないこともあり得ると説明している。

 MicrosoftのWindows XPへのサポートが2014年4月9日に終了する。これ以降、MicrosoftはWindows XPへの修正パッチを提供しない。このことについてMicrosoftの幹部は「Windows XPは恒久的に“セロデイ脆弱性”が存在することになる」という表現で警告している。

 Windows XPのサポート終了まで残された期間はおよそ7カ月。それまでに、企業内部で稼働しているWindows XPマシンを後継の「Windows 7」「Windows 8」に移行させたり、「iOS」「Android」で稼働するタブレットも含めた体制にしたりなど、クライアントマシンの刷新計画を実行する必要がある。

 だが、世界全体で6月時点でクライアントPCのOSの37%以上がWindows XPとなっていることを考えると、残された期間はあまりにも少ないとも指摘できる。こうしたことからトレンドマイクロは、2014年4月9日以降もWindows XPへのサポートを継続する。

 今回のキヤノンITSの施策も、Windows XPから次のクライアントマシンに移行するまでの“猶予期間”をユーザー企業にもたらすものと言える。キヤノンITSでは、今回の施策について、2017年3月以降もサポートを延長する可能性があることも表明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]