セキュリティの論点

脅威の本質を知る:断固たる決意で襲ってくる「APT攻撃」とは - (page 2)

中山貴禎(ネットエージェント) 2013年09月02日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 もちろん、標的型メール攻撃以外にも手法は数多くあります。例えば、USBメモリやデジカメ、SDカードやiPod経由のようにローカルな(ネットワークを介さない)感染をうながす手法、例えば「娘の写真」などと書いて貼ったUSBメモリを会社の社員通用口などにわざと落としておいて誰かに拾わせ、社内の誰かの私物だと思い込ませた上で好奇心を刺激して感染させる、なんていうやり口もよくあります。 また、ウェブページ上にマッシュアップされた別サイトのコンテンツに同様のマルウェアを仕込み、感染させる手法もあります。

 こうした手法は、ここ最近メディアでも「ドライブ・バイ・ダウンロード」と呼ばれ、取り上げられている攻撃手法です。数年前のGumblar騒動の際にも用いられていた割とメジャーな手法なのですが、正規のサイトを見ただけで知らぬ間に攻撃者のサーバにアクセスさせられマルウェアに感染するため、当の本人はマルウェアに感染させられた事実に気付かないことが多いのです。

 APT攻撃の場合、いずれの手法においても攻撃者はこうした「侵入」の時点ではまだ「忍び込み、隠し通路を作った」段階に過ぎませんし、かつ相手には「目に見える異常や変化、実害」がないのです。先に挙げたようにステルス性=長期間にわたって存在を気付かせないことが何より重要ですから、通常この時点で対象者に何らかの目に見える影響を与えるといったことはありませんし、痕跡も細心の注意を払って消し去ります。

 つまり、どういう手法、そういう経路からの侵入にしろ、この時点で当の本人は「攻撃されたこと」に気付かない、攻撃者はこのステルス性を最優先にして侵入を実行するわけです。

「攻撃」の前に勝負はついている

 ここから攻撃者は「調査」フェイズに移行します。攻撃対象であるシステムの設定情報などさまざまな情報を収集し、その情報から最も有効な攻撃対象とその手法などを検討します。その中で、対象システムのさらに内部へと「浸透」し、より詳細な情報を入手し、また必要に応じてその侵入に必要な機能(攻撃プログラム)をこっそりダウンロードし、自らを「強化」しつつさらに綿密に情報を収集します。

 対象システムの構造、設定情報、運用実態と時間軸などによる差異、重要情報の管理実態、中枢から末端まで各々のネットワークやシステムの詳細情報と各種攻撃への耐性など、さまざまな情報の収集と分析を長期間かけて行います。攻撃方針を決定し、その攻撃に必要な追加プログラムをダウンロードすることで自己をさらに「強化」し、目的(攻撃)遂行の下準備を着々と進めます。

 多くの場合、攻撃される手前のこの時点で、すでにシステムそのものが攻撃者の手に落ちていると言っても過言ではありません。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]