「iPhone 5s」、カメラ機能が大幅に向上 - (page 2)

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2013-09-11 12:28

 「Worldwide Developers Conference(WWDC)」で発表されていた通り、「iOS 7」で追加されたカメラ機能を使うことで静止画や動画、パノラマ写真をスワイプ操作によってより迅速に切り替えられるようになった。また、Instagramにそのまま投稿できる、正方形(1:1)の写真も撮影できるようになった。

 さらに、新たに追加されたフィルタ群を、撮影に先立ってスワイプ操作で切り替えられるようにもなったため、フィルタをかけた結果がどのようになるのかも撮影前に確認できる。なお、フィルタは撮影後に適用することもできるうえ、フィルタを指定して撮影した写真から該当フィルタを除去し、未加工のオリジナル写真を見ることもできる。

 「写真」アプリでは「AirDrop」がサポートされるようになり、写真は「iPhoto」アプリのようにメディア形式ごとにグループ分けされるだけでなく、撮影された場所や時間にしたがって「コレクション」と「モーメント」「年別」にグループ分けされる。それぞれの年のなかにはコレクションが保持され、それぞれのコレクションは個別のモーメントに細分化される。

 Appleは「共有フォトストリーム」をアップデートし、「iCloud」ユーザーの友人や家族が該当ユーザーのストリームに写真を提供できるようにした。関係者は全員、共有されているものにコメントでき、あらゆるものが全員の「iOS」デバイス上で自動的に更新される。また、共有ストリームに関するアップデートには、動画のサポートや、ユーザーが共有しているストリームの更新情報を確認できる新たな「アクティビティ」ビューが含まれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]