編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

PwCとブーズ、合併契約を締結--存続会社はPwC

山田竜司 (編集部)

2013-11-01 11:39

 PricewaterhouseCoopers(PwC)とBooz & Companyは10月30日、合併契約の締結を発表した。存続会社はPwC。取引案は、Booz & Companyのパートナーの承認や規制当局による承認などの条件付きとなる。

 PwC International会長のDennis Nally氏は「Booz & CompanyとPwCが連携することによって、卓越したプロフェッショナルサービス組織が誕生すると考えている」としている。

 Booz & Companyの最高経営責任者(CEO)のCesare R. Mainardi氏は、「今回の合併案はマネジメントコンサルティングの再創出につながるだろう」 とコメントしている。

 Booz & Companyのパートナーによる投票は12月に実施される予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]