三菱総研DCS、メインフレームのバックアップ基盤を仮想テープライブラリで刷新

NO BUDGET

2014-02-05 17:56

 三菱総研DCSは、同社が提供するサービスの中核拠点となっている「千葉情報センター」で運用するメインフレーム基盤のバッチ処理データの保管先として、既に導入していた仮想テープ装置(ディスク装置上でテープドライブを仮想的に実行させることで、システムに対してあたかもテープドライブが接続されているかのように認識させる仕組み)のバージョンアップを実施し、バックアップ基盤を刷新した。システムを提供した日本オラクルが2月5日に発表した。

 三菱総研DCSの給与・人事サービス「PROSRV」は2000あまりの事業所からの委託を受けている事業で、同社千葉情報センターのメインフレーム基盤により運用されている。このメインフレームがバッチ処理で参照、更新するデータについては、これまでオラクルのテープライブラリ最上位機種「StorageTek SL8500 Tape Library」SL8500)で保管してきた。2005年には「StorageTek Virtual Storage Manager System 4」(VSM4)を導入、アクセス頻度の高いデータをVSMのディスク領域に保存するようにしている。

 しかし数年前から、バッチ処理で扱うデータが増加したためVSM上に常駐できるデータが約1日程度となって、処理性能低下を招いていたという。その解決のため、2012年6月、VSM4の3倍のディスク容量を持つ「VSM 5」に置き換え、約5日分のデータを常駐できるようにした。また、同じタイミングで、VSMに外付けでディスク領域を拡張する「StorageTek Virtual Library Extension」(VLE)を新たに導入、VSMからのアクセス先を物理テープのライブラリではなく、VLEのディスク領域で処理するようにし、2013年半ばに稼働を開始した。

 さらに、ホストコンピュータとVSMとの接続を高速のFICON(光ファイバ接続)に変更した。VSMディスク容量の増加によりデータの常駐率が大幅に向上し、テープから読み出す頻度が減少、三菱総研DCSによれば処理時間を80%以上も短縮できたという。VSMへのアクセス頻度が高いバッチジョブにおいても、処理時間が約60%短縮したとのことだ。

 三菱総研DCSでは、今回刷新した仮想テープ基盤の技術を、さらに災害対策の仕組みにも適用する計画を進めている。現在は、千葉情報センターから離れた別のデータセンターにもSL8500を配置し、本番サイトの一部データを遠隔でバックアップしており、このセンター内のSL8500をVLEに置き換え、VLEの筐体間データコピー機能を使って遠隔バックアップを行うことを検討しているという。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookTwitterRSSメールマガジンでも情報を配信しています。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]