編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

東邦銀、営業用タブレットと仮想化デスクトップを連動--1000台に導入

NO BUDGET

2014-02-14 17:58

 地方銀行の東邦銀行は、渉外支援機能の充実を図るため仮想デスクトップ基盤を構築した。タブレットと行内システムを連動させる。2月10日から順次本格運用を開始し、3月までに合計約1000台のタブレットを全店舗に展開する予定。富士通が2月18日に発表した。

 福島市に本店を構える東邦銀行は、東日本大震災からの復旧、復興に向けて、より多くの顧客のニーズに対して質の高い提案を行うことを目指している。顧客との取引情報やコンタクト情報は厳重に管理され、訪問先では顧客情報を参照できず、訪問前に確認した情報のみで営業活動を展開する必要があった。パンフレットや提案書類、申込書類の持ち運びなどが負担となっていたという。

 タブレットは、閉域網の企業向けネットワークサービス「FUJITSU Managed Infrastructure Service FENICS II」で行内と接続。タブレットから仮想デスクトップを経由して、東邦銀行内の顧客情報管理(CRM)システムや業務マニュアルなどが登録されている文書管理システムを利用できる。

 東邦銀行専用のネットワークとなり、外部からの不正なアクセスを防止している。タブレットと東邦銀行の行内システムとの間でやりとりされるデータは暗号化されており、不正に傍受されてもデータの復元が難しい仕組みという。

 携帯用モバイルプリンタで金融商品の申込書や通帳・証書などの受取証を印刷できるアプリも新規に開発。金融商品の紹介から申し込みまで、その場でスピーディーに展開できるという。

 東邦銀行の営業担当者は、タブレットを利用して、訪問先で顧客の取引情報を参照できる。タブレットの紛失や盗難に備え、指紋に加えてIDとパスワードで認証する。

 今回導入された仮想デスクトップサービスは、行内システムのデータ処理は内部で行いたいという東邦銀行の考えから、東邦銀行のシステムセンター内に富士通のサーバ群を設置している。富士通は、サーバ群を遠隔地の運用センターから24時間365日、運用監視している。月額サービス型で提供されるため、投資コストを平準化できるという。

システムイメージ
システムのイメージ(富士通提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]