編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

良品計画、ECサイトとスマホアプリのデータをSaaS型で分析

NO BUDGET

2014-03-14 14:54

 良品計画は、ネットストアやスマホアプリのデータ分析でSaaS型データ管理システム「Treasure Data Service」を採用した。トレジャーデータが3月13日に発表した。ネットショッピングサイト「無印良品ネットストア」とスマホアプリ「MUJI passport」を対象とした分析に2013年12月から活用している。

 無印良品ネットストアの登録会員数は430万人以上、平均して毎日11万人超の利用者が訪問している。MUJI passportは会員数140万人、商品購入に応じて提供される「MUJI ショッピングポイント」の管理に加え、無印良品の店舗で使える特別クーポンの発行などを行っている。

 Treasure Data Serviceは、大容量の時系列データを収集、保管、集計できるデータ管理サービス。ブラウザ内で容易にデータを可視化できる機能やアドホックなクエリの実行速度をより高速化するオプションサービスも用意されている。

 良品計画では、ログの収集からニーズや購買行動などのデータ分析までTreasure Data Serviceで展開している。Treasure Data Serviceを導入して利用者のデータを分析することで、ネットストアと実店舗間で互いに利用者を送客し合える環境を構築することを目指しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]