編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
アジアのIT

マレーシア航空機失踪の謎に迫る

Enterprise Innovation日本版

2014-03-20 21:49

 3月8日、クアラルンプールを離陸したマレーシア航空機(MH)370便は、北京に向かう途中ですべての航空交通管制センターとの通信を絶ってから1週間以上経過した今もなお、消息不明の状態が続いている。

 Frost & Sullivanは、失踪の有力な原因と、捜索を続行する際の方法を検討、発表した。

 同社は、歴史上の根拠から次の6点を370便「失踪」の有力な原因に挙げた。

 1つ目は、技術的なトラブルと操縦士のミスが重なることで発生する「雪だるま効果」だ。こうしたトラブルと判断ミスはしばしば起こるが、単独であれば危険性はない。しかし、複数の要因が重なり合うと、大惨事につながる。

 その例が、エールフランス447便の墜落事故だ。この事故では、操縦士は墜落の10秒前に初めて危険に気付いたため、救難信号を発信できなかった。同機は2009年、パリに向かう途中で大西洋に墜落した。

 2つ目は、旅客機の構造上のトラブルから制御不能に陥った可能性だ。最近の例では、2002年、高度35000フィートを航行中に起きたチャイナエアライン611便の事故がある。611便はボーイング747型機で、墜落の原因は修理ミスだった。

 3つ目は、乗客または操縦士による故意の墜落行為だ。9.11の記憶はまだ薄れるにはほど遠い。

 4つ目は、悪天候(雪、霧、雨、氷など)による旅客機の性能低下だ。こうした気象条件は、離着陸をはじめとする重要な飛行行程に影響を及ぼす。ただし、MH370便の場合、飛行中の天候は良好だったうえ、消息を絶ったのは安定飛行時だと考えられている。

 5つ目は、電気系統全体のトラブルだ。これは主に、一般の旅客機で3つの電源系統すべてが失われたときに発生する。これが起こることはきわめてまれで、いまのところ先例はない。

 6つ目は、同機がハイジャックされ、確認できない場所に着陸した可能性だ。しかし、MH370便に起こったこととしては考えにくい。ボーイング777-200のような大型旅客機が、多くの国境線が横切る領域で、あらゆるレーダーシステムから逃れる可能性は低いからだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]