編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

セールスフォース、新インダストリー戦略を発表--金融サービスなど6業種を対象

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-04-03 16:11

 Salesforce.comは米国時間4月2日、6業種を対象にした販売戦略の見直しを発表した。対象業種は、金融サービスおよび保険、ヘルスケアおよびライフサイエンス、小売およびコンシューマー向け製品、通信およびメディア、公共部門、自動車および製造業となっている。新たな戦略は、対象業種にソーシャル、モバイル、コネクテッドクラウドソリューションを提供することに主眼を置いたもので、同社では、これによって対象業種と顧客とのつながりを向上させることが可能になると考えている。

 Salesforceによると、その戦略には、業界専門家らによるチームの構築や、パートナーのエコシステム発展に加えて、同社の「Salesforce1 Platform」を活用して各事業の主要な課題に対処することなどが含まれているという。

 Salesforce.comの社長兼副会長であるKeith Block氏は、声明で次のように述べた。

 われわれは100億ドルを超える企業に成長することを目指しており、新たな業界向け戦略はSalesforce.comにとって、既存の顧客におけるシェアを拡大し、新たな法人顧客へのリーチを広げていく上で非常に大きな機会だ。あらゆる業種の企業が自社のビジネスモデルを変革し、新たな方法で顧客とのつながりを可能にするため、Salesforce.comに移行している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]