編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ビットアイル、SoftLayerとの専用線接続サービス--ハイブリッドクラウド実現

NO BUDGET

2014-04-09 17:29

 ビットアイルは4月8日、同社のデータセンターとIBMのIaaS「SoftLayer」を専用線で接続するサービス「BI-Direct Access for SoftLayer」(仮称)を発表した。5月から提供する。

 ビットアイルのデータセンターとSoftLayerの東京都内にある接続拠点(TOKYO NW-POP)をユーザー企業別に専用線で接続する。ビットアイルのデータセンター内にあるユーザーのシステムとSoftLayer上のシステムをセキュアかつ低遅延で接続、連携できる。

BI Direct Access for SoftLayer概要図
BI Direct Access for SoftLayer概要図(ビットアイル提供)

 ビットアイルデータセンターサービスとクラウドサービスの組み合わせたハイブリッドクラウドを求めるユーザー企業を想定している。ユーザー企業に対してクラウドサービスやインフラアウトソーシングサービスを提供するIT事業者向けも想定している。短納期かつより低コストで利用可能な共用型サービスの提供も予定しているという。

 これまでにも、ビットアイルのデータセンターとIaaS/PaaS「Amazon Web Services」「Microsoft Azure」をはじめとする他社クラウドサービスとのネットワーク接続、ユーザー企業拠点との専用線や仮想専用線(VPN)で安全なネットワーク接続を基盤として、シームレスなクラウド連携を進めてきた。今回のBI-Direct Access for SoftLayerは、この取り組みをさらに強化するものとなっている。

 今回のサービスでSoftLayerを利用するユーザーは、SoftLayerの柔軟なサービスと、社内やデータセンター内にあるオンプレミスのシステムをシームレスに組み合わせて、自社に最適なインフラ構築を実現できるという。

 特に、グローバルで展開するSoftLayerのデータセンター間の無料高速ネットワークを活用することで、海外に展開するシステムと日本国内のシステムとの安全な連携を低コストかつ容易に実現でき、グローバルな事業展開をサポートするIT基盤を構築しやすくなることが期待できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]