セールスフォース、開発者数が150万人に--新コミュニティサイトを開設

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2014年04月21日 14時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Salesforceは米国時間4月17日、開発者が150万人に達したこと、またForce.com、Heroku、ExactTargetなどのプラットフォーム全体でリソースやコミュニティ機能を集約するためのサイトを開設したことを発表した。

 Salesforceはこれらの買収を通じて、それまで別個の製品だった各プラットフォームに従事するさまざまな開発者と関わるようになった。しかし、「Salesforce1」のリリースは、開発者がますます、複数のプラットフォームにまたがって作業しなければならなくなることを意味していた。

 その結果、同社が立ち上げたのが「Salesforce Developers」だ。これは、文書や、仲間による支援、その他のリソースを見つけやすくするのが狙いだ。このコミュニティサイトは、Salesforceが主催するSalesforce1 Developer Weekを直前に控えて開設された。同イベントでは、コーディングに関する課題や教育、ネットワーキングをテーマに、Salesforce幹部や世界中から集まった65の開発者団体が一堂に会する予定だ。


Salesforce Developersサイト

 Salesforceの開発者数は、ここ数年間で次のように推移している。

  • Dreamforce 2012:80万人
  • Dreamforce 2013:100万人
  • 現在:150万人

 Salesforceでテクニカルプラットフォームマーケティング担当ディレクターを務めるQuinton Wall氏は、「開発者は、所属する企業や組織から、クロスプラットフォームアプリの開発を求められており、統合された経験と技術的コンテンツを必要としている」と述べている。

 Salesforce Developersのもう1つの目的は、モバイルアプリに関する文書を容易に抽出できるようにすることだ。加えて、Salesforceは開発者コミュニティの結束を維持できるよう、コミュニティプロフィールも再構築した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算