編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IBM、第6世代技術採用のx86ブレードサーバ--最大8ソケットまで拡張

NO BUDGET

2014-05-23 08:00

 日本IBMは5月22日、x86サーバの第6世代技術「Enterprise X-Architecture」(X6)を採用したブレード型の「IBM Flex System X6」を発表した。税別最小構成価格は160万円から。6月13日から出荷する。

 X6アーキテクチャを採用したサーバをラック型とブレード型の両方で提供することになる。同アーキテクチャは、メインメモリのためのスロットに最大12.8Tバイトのフラッシュストレージを搭載できる。

 Flex System X6は、最大8ソケットの「IBM Flex System x880 X6」、最大4ソケットの「IBM Flex System x480 X6」、2ソケットの「IBM Flex System x280 X6」の3種類で構成される。「FlexNode」機能でノードを追加していくことで段階的にシステムをスケールアップできるという。

 「FlexNodeパーティション」機能でシステムを物理的に変えることなく、4ソケットあるいは2ソケット構成の独立したシステムに再構成できるとしている。従来の4ソケットサーバと比較して性能が4倍に向上したほか、事前障害予知機能とポリシーに基づく自動回復機能でシステムの自己回復力を向上し、運用管理のコストと複雑さを低減するという。

 タワー型サーバの「IBM System x3100 M5」も発表された。税別最小構成価格は9万2000円から。6月18日から出荷する。

 System x3100 M5は最新のCPU「Xeon E3-1200v3」を搭載。ダウンタイムを最小化する冗長ハードディスクや冗長電源ユニット対応モデルも展開し、限られたスペースでサーバを使いたいユーザーのビジネスニーズに対応する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]