編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

サーコム、IoT対応機器をODM提供--位置情報などを追加

山田竜司 (編集部)

2014-05-23 14:06

 相手先のブランド名で設計、製造する(Original Design Manufacturing:ODM)サーコム・ジャパンは5月23日、“モノのインターネット(Internet of Things:IoT)”や“機器間通信(Machine to Machine:M2M)”に対応する機器「IoTゲートウェイ」を発表した。

 サーコムは従来より、スマートホーム関連機器や家電制御製品、ネットワークカメラ、CATVネットワーク機器、ルータなどを設計、製造している。これらの製品では機器間で通信する機能を搭載しているが、今回のIoTゲートウェイでは、これらの製品に位置情報やコンテンツ、IP通信に対応していない製品と相互に接続する通信機能も追加して開発、製造する。同社で取り扱っている製品以外にも通信機能を追加したい場合は取り扱う可能性があるとした。

 サーコムのODM製品は欧米市場で開発実績があり、各事業者に合わせてカスタマイズできるため、自社開発と比べ開発コストや市場への投入タイミングを調整しやすいとアピールしている。欧米市場で実績のある通信技術を応用したIoT/M2M分野は主要戦略の1つとした。

 2020年までにCiscoとIntelでは500億、Morgan Stanleyでは、750億のモノがつながると予測している。


サーコムが考えるIoT(サーコム提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]