編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

HP、公共機関向けマネージド型プライベートクラウドサービスを米国で開始

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-05-28 12:27

 Hewlett-Packard(HP)は、同社のクラウドポートフォリオを拡充する。大規模な人員削減はその行く手を阻んでいるようには見えない。

 コンピューティング業界の巨人であるHPは米国時間5月27日、「Helion Managed Private Cloud for Public Sector」のサービス開始を発表した。このサービスは本質的に、商用に特化したエンタープライズクラウドサービスを政府機関向けに手直ししたものである。

 HPによるとこのプラットフォームによって、連邦政府や州、地方政府が複数の部門にまたがった共有サービスモデルを実現できるようになる、マネージド型の専用プライベートドクラウドが提供されるという。

 また、内部や外部のセキュリティにも大きな注意が払われている。HPによると、このプラットフォームは公的機関の全体的なセキュリティ計画を長期にわたって改善していくとともに、連邦政府の認証や法規制に関するニーズをも取り扱えるという。

 HP Enterprise Servicesの米公共機関向けグローバルプラクティス部門の責任者であるStacy Cleveland氏は、このプラットフォームによって防衛機関や一般向け機関といった各種の機関でITコストを削減できるようになると述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]