編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

良品計画、管理会計と国内外物流データベース基盤を刷新

NO BUDGET

2014-07-02 17:24

 良品計画は、管理会計と国内外店舗の物流を支える基幹データベース基盤を刷新し、5月から稼働を開始した。製品およびコンサルティングサービスを提供した日本オラクルと、構築に携わったYDCが7月2日、発表した。

 新たな基幹データベース基盤に採用されたのは、オラクルの高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine(Exadata)」。良品計画では、商品の原価計算、国内の店舗およびECサイトの物流、海外店舗の物流を管理する既存の3つのシステムを統合、強化する目的で本製品の導入を決定したという。今回のExadata導入により、これまで複数の他社製UNIXサーバで運用されていた既存システムを1台に集約している。

 また、Exadataを活用した大量のトランザクションを取りこぼすことなくデータベースへのアクセスを監視・保護し、監査データの解析を行う「Oracle Audit Vault and Database Firewall」を併せて採用したほか、Exadataのバックアップ・ストレージ基盤として「Oracle ZFS Storage ZS3」も導入している。さらに、こうしたハードウェアの導入と同時に、原価計算システム、および物流システムについても大幅な刷新を行った。

 良品計画によれば、今回のシステム刷新によりECサイトの在庫引当時間が従来の4分の1となる平均0.17秒に短縮、また物流センターのピッキングや出荷指示データ作成処理が1時間から10分に短縮されるなど、大幅な高速化を実現した。さらに、勘定系システムや物流システムの画面、帳票処理などの全体的なパフォーマンス向上が図られたという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]