編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

アマゾン第2四半期決算、23%増収ながらも純損失1.26億ドル

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 中村智恵子 福岡洋一 (ガリレオ)

2014-07-25 10:26

UPDATE 長らくうわさの絶えなかった「Kindle」ブランドスマートフォンの発売に続き、Amazonは米国時間7月24日、株式市場の取引終了後に第2四半期決算(6月30日締め)を発表した。

 前年同期の純損失は1株あたり2セントだったが、今期の純損失は1億2600万ドル(1株あたり27セント)となった(第2四半期決算報告)。

 しかし売上高は193億4000万ドルで、前年同期比23%増となっている。

 ウォール街の予想では、売上高193億4000万ドル、1株あたり14セントの損失となっていた。


 予想以上の損失を計上したことで、Amazonの株価は本稿執筆時点で時間外取引で5%ほど下落した

 第2四半期中に(そしてここ数週間にも)Amazonが発表してきた数多くの製品について、同社の最高経営責任者(CEO)であるJeff Bezos氏は次のように声明に記している。

 われわれはこのところ、米国の人口の25%に対して日曜配達を導入し、欧州では国境を越えて2日で配達するサービスをPrime会員に対して開始した。100万曲以上をそろえた「Prime Music」を開始し、子供向けのオリジナルテレビ番組3シリーズを製作、「FreeTime」を利用して「Fire TV」における世界クラスのペアレンタルコントロールを追加し、電子書籍購読サービスの「Kindle Unlimited」を開始した。AWSの顧客に対しては、「Amazon Zocalo」や「T2」インスタンス、「Amazon EBS」におけるSSDベースのボリューム、「Amazon Cognito」「Amazon Mobile Analytics」「AWS Mobile SDK」の提供を開始し、料金を大きく引き下げた。そして本日(24日)より米国内の顧客は、「Firefly」機能、「Dynamic Perspective」機能、1年間のPrime会員の資格つきで、新しい「Fire Phone」を手に入れられるようになる。われわれは顧客の手に製品をお届けするのが待ちきれない思いだ。

 Amazon Web Services(AWS)は2014年の春、料金引き下げとともに、「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)の新世代メモリ最適化インスタンスである「R3」インスタンスが利用できるようになったことを発表した。

 7月10日にニューヨーク市でAWS Summit 2014を開催した際にAWSは、管理者によるコントロールおよびフィードバック機能を備えた、企業向けの高度な文書管理用ストレージおよび共有サービス「Amazon Zocalo」を発表した

 Amazonはクラウド部門の売り上げを区別せず、各種広告製品と共に「その他」のカテゴリに組み入れることで知られている。北米での同カテゴリの売り上げは11億6800万ドルで、2013年第2四半期の8億4400万ドルから増加している。

 第3四半期についても損失が出るとアナリストはみているが、売上高はおよそ208億4000万ドルで損失は1株あたり7セントと、第2四半期の予想からすると損失は半減している。

 Amazonは第3四半期の売り上げ見通しを197億ドルから215億ドルとし、15%から26%の売り上げ増を見込んでいる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]