編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

2014年の世界IT支出、モバイル中心に4.5%増の見込み

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-08-06 12:15

 IDCによると、世界IT市場はいくぶんか明るい方向に動いているようだ。

 IDCは米国時間8月5日、2014年下半期に関する最新の予測を発表した。これによると、世界IT支出は2014年に、為替変動の影響の除いた実質ベースで4.5%増加、ドルベースで4.1%増加する見込みだという。

 これによりIT支出は2兆1000億ドルに達することになる。調査対象は、54カ国、25の市場セグメントにおける2014年のIT支出。

 第1四半期にはIT市場は冷え込んでおり、その要因の一部としてウクライナ紛争などが考えられるという。

 また、米国での過去に類を見ない長期の深刻な不景気も、アップグレードのサイクルを全体的に遅らせ変化させた。特に影響を受けたのはサーバ、ストレージ、ネットワークインフラだ。

 PC業界には期待を上回る兆候が見られるが、スマートフォンの方が大きな役割を果たす見込みだ。スマートフォンを除外すると、予測値は為替変動の影響を除く実質ベースでわずか3.1%増、ドルベースでは2.8%増となる。

 IDCはビッグデータ、アナリティクス、ソーシャル、モバイルテクノロジなどのソフトウェアの成長についても強調した。

 さらに、インド、ブラジル、ロシアなどの成長市場で、IT投資に対する「繰り延べ需要」があることも強調している。

 中国が実質ベースで13%増と予測され、トップに立っている。スマートフォンを除くとこの予測値はわずか5%になるため、ここでもモバイルが鍵となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]