編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

HANAはパートナーを巻き込んだプラットフォームへ--SAPの狙いとは

吉澤亨史 山田竜司 (編集部)

2014-08-15 07:30

 2013年から、統合基幹業務システム(ERP)パッケージからクラウドへと大きく軸足を移したSAP。クラウドベースでインメモリデータベース「SAP HANA」を提供する“Powered by HANA”があらゆる企業のIT基盤になることを目指し、新たなパートナーエコシステムも発表した。今回は、SAPで世界的なパートナー施策を統括する“グローバルパートナーオペレーションズ(GPO)”であるRodolpho Cardenuto氏に、同社の戦略や今後の展開などについて話を聞いた。


独SAP Global Partner Operations(GPO)Rodolpho Cardenuto氏

--GPOはどのような立場なのか。

 文字通りにグローバルでパートナーへのサポートを統括しています。私はSAPで6年のキャリアがありますが、これまで北米、南米などアメリカ大陸全体を担当していました。そして2カ月ほど前、Bill McDermottとJim Snabeの共同CEO(最高経営責任者)体制から、McDermottが単独でCEOを務める形に変わった際に、GPOを担当するようにと言われました。

 これまで6つに分けていた管理地域を1つに統合し、SAP Business OneやOEMビジネス、そして世界中の戦略的なパートナーシップ全体を管理しています。

 GPO就任の際にCEOから言われたことは、SAPがPowered by HANAのクラウドカンパニーを目指しており、市場でもクラウド分野のリーディングカンパニーになりたいと考えているということでした。

 SAPはそのために、カスタマーのオペレーションに対するサポートを提供すること、HANAとクラウドのプラットフォームを構築することに注力しています。

--SAPは大手ベンダーから新興企業までを対象にパートナーエコシステムを構築すると発表した。その意図は何か。

 現在の市場を図式化すると、リーディングカンパニー、中堅、中小企業(General Business:GB)のヒエラルキーになり、さらに全体を2つに分割するとオンプレミスとクラウドに分けることができます。SAPはパートナーエコシステムを構築することで、このポートフォリオ全体をケアできます。ERP、オンプレミス、クラウド、LoB(Line of Business、企業の業務で主要な役割を果たす業務アプリケーション)のそれぞれに対応する解決策を提供しています。

 顧客はこれまで5~6社の事業者を検討する必要がありましたが、SAPはパートナーの製品やサービスを含めて包括的に提供できます。これは他社にはできないことです。特に、業種別のコンポーネントがそろっていることは大きな強みです。

--Oracleも戦略が変わり、注力分野がSAPに似てきている。

 Oracleは昔からデータベースを提供していますが、そこから包括的なアプリケーションビジネスへと戦略を転換しています。ただし、Oracleのデータベースは基本的に35年前のデータセンターストアベースの技術を使っています。一方、HANAは4年前にSAPがローンチした新しいカテゴリのテクノロジです。

 (テクノロジの面では)従来型はオンライントランザクション処理(OLTP)の上にアプリケーションを走らせ、アナリティクスは別に持つという構成であり複雑でしたが、HANAは4年前の時点ですでに、(同一の基盤で)OLTPとアナリティクスが入ったシンプルなプラットフォームとなっており、その上であらゆるアプリケーションを走らせることができます。

 基盤を1つにすることによる大きなメリットの1つは速度です。インメモリ技術を使いこなすことで、ビッグデータを高速に処理できるようになりました。HANAがあらゆる企業のIT基盤になるという発想です。

 他社のインメモリデータベースは従来の進化形であり、ディスクをインメモリに置き換えただけだと私は認識しています。

 われわれは、インメモリ技術の利点の提供方法とパートナーエコシステムに手を入れました。例えばSaaS型でPowered by HANAというプラットフォームを提供することで、顧客は必要なアプリケーションを必要なときにだけ使用できます。さらに、こういった提供形態を取ることで、パートナーとの組み方も増えます

 競合企業の多くは、レガシーデータベースを基本にアドオン、アクセラレータを提供するのみです。一方、HANAは4年分先行していることで、インメモリデータベースを中心に、ITアーキテクト、パートナー戦略、SaaS型でインメモリデータベースを基盤としたアプリケーションを利用できるなど、充実したプラットフォームを実現しています。

 これにより、顧客が求めていたイノベーションを提供できるようになりました。競業企業が開始した、従来型のデータベースを高速化するソフトウェアと、われわれが求めているものとは観点が全く違います。SAPが「ERPカンパニー」から「ERPを包含したクラウドカンパニー」へと大きく変わろうとしている例でもあります。

 米OracleのLarry Ellison氏は、3~4年前にはインメモリに注目しないと言っていました。それが新しい戦略になったということは、彼も、インメモリデータベースを重要視するようビジョンを変えたのだと認識しています。ただし、注力分野や製品が重なろうとも、OracleやIBM、Microsoftとのパートナーシップは今後も変わらないと考えています。


Enterprise IT の統合基盤としての SAP HANA Platform

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]