編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

SAP第2四半期、訴訟出費で23%減益もクラウドが好調

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-07-18 12:18

 ドイツのソフトウェアメーカー、SAPが現地時間7月17日に発表した2014年第2四半期業績(6月30日締め)は、純利益が前年同期比23%減の5億5600万ユーロ、一株当たりの利益が0.47ユーロとなった。前年同期はそれぞれ7億2400万ユーロ、0.61ユーロ。

 非IFRS(国際財務報告基準)ベースの今第2四半期の営業利益は12億4000万ユーロ、税引後利益9億3800万ユーロ、一株当たりの利益0.79ユーロとなった。営業利益は、特許訴訟費用の繰入による影響で、Reuters調べのアナリストの期待値12億6000万ユーロを下回る結果となった。

 IFRSに基づく総売上は、41億5000万ユーロで前年同期より2%増加しているが、営業利益は29%減の6億9800万ユーロとなった。SAPはすべて計画通りに推移していることに自信をうかがわせ、2014年会計年度の営業利益は前年度の55億1000万ユーロを上回り、58億から60億ユーロになると予想している。

 同社によるとクラウド事業の売上高は前年の第2四半期を32%上回っており、非IFRSベースで2億4200万ユーロの利益を生み出した。サブスクリプションおよびサポート収入による同社のクラウド事業の総年間売上は、前回の予想では9億5000万から10億ユーロだったが、10億から10億5000万ユーロになると上方修正されている。

 顧客サイトに導入する高速インメモリデータベース「SAP HANA」の顧客数は3600社を超え、1200社以上がHANA上で「SAP Business Suite」を運用している。

 同社の業績予想は、EMEA(欧州・中東・アフリカ)地域においてウクライナの情勢不安にもかかわらず、クラウドサービスのサブスクリプションおよびサポート売上について同51%増を見込んでいる。また、英仏におけるソフトウェア売上高の伸びが堅調で、同社は2014年度のソフトウェアと関連サービスの総売上が、非IFRSベースの現行為替レートで前年同期比8%増になると予想している。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]