グーグル、iOS版「Slides」アプリを公開--「Docs」「Sheets」でOfficeファイルが編集可能に

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-08-26 09:13

 Google Enterpriseチームは、「Docs」「Sheets」「Slides」がついに「iPhone」と「iPad」で利用できるようになったと発表した。これでGoogleが提供するすべての生産性アプリが、あらゆる主要なプラットフォームでアクセス可能になった。

 Slidesアプリについては、「Google Drive」から分離されて、iPhone、iPad、「iPod touch」向けのスタンドアロンアプリとして提供される。

 同チームは6月、同社の生産性スイート全体を「Microsoft Office」互換にするという同チームの取り組みにおいて、モビリティが次の優先課題にすることを約束していた。互換性がすべての携帯端末に拡大されたことで、ユーザーは、端末にOfficeをインストールすることなく、Officeファイルを編集および共有できるようになった。

 「iOS」との互換性を追加したことにより、「いつでもあらゆるファイルをどの端末上でも処理できる」ようになったとGoogleは述べた。

 GoogleのソフトウェアエンジニアであるLi-Wei Lee氏は、新機能を発表するブログの投稿で次のように記した。

 Microsoft Officeで最初に作成したファイルであるか、「Android」搭載のスマートフォン、タブレット、iPhone、iPad、「Chromebook」、またはノートPC上のDocsやSheets、Slidesで作成したファイルであるかにかかわらず、またインターネットに接続されているかどうかにかかわらず、あらゆる作業を「Google Apps」で行うことができる。

 今回のアップグレードは、Googleが生産性向上に向けて、進んで同社のプラットフォームに他社製品との互換性を持たせるつもりであることを示す一方で、使用していないOfficeサブスクリプションを解約しようと考える企業に対する代替案として、同社アプリを位置づけていることもうかがわせている。Softwatchによると「Officeライセンスの約80%があまり使用されておらず、多くの従業員が、1日に数分しかOfficeを使用しないかまったく使用していない」とGoogleは指摘している。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]