編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
松岡功の一言もの申す

IBMが目論むPaaS統合戦略

松岡功

2014-09-03 07:00

 日本IBMが先頃開いた最新のPaaSに関する記者説明会で、新たな戦略展開が浮かび上がってきた。キーワードは「統合」である。

現在は2つのPaaSを展開

 IBMは現在、既存のアプリケーションをクラウド化する「PureApplication」と、クラウドアプリケーションを迅速に開発できる「Bluemix」という2つのPaaSを展開している。これらの最新動向について、日本IBMが先頃、記者説明会を開いた。

 PureApplicationは、プライベートクラウドでPaaSを提供できる垂直統合型システムとして2012年4月に発表された「PureApplication System」が発端。直近では今年6月に、PureApplication Systemの技術をオフプレミスでも利用できる「PureApplication Service on SoftLayer」が発表された。

 一方、Bluemixは、今年6月に正式公開されたサービスである。オープンソースソフトウェア(OSS)のPaaS環境ソフトウェア「Cloud Foundry」をベースとして、GUI部分をIBMが開発した。IaaSにはIBMの「SoftLayer」が適用されている。

 PureApplicationが既存のアプリケーションをベースとしたIBM色の濃いプラットフォームなのに対し、BluemixはOSSをベースとしたオープン指向のプラットフォームといえる。

 会見で説明があったこれらの最新動向の詳細については、関連記事を参照していただくとして、ここでは会見の中で浮かび上がってきたIBMのPaaSにおける新たな戦略展開に注目したい。


右から、日本IBMのVivek Mahajan専務執行役員ソフトウェア事業本部長、
高瀬正子ソフトウェア事業本部クラウド・プラットフォーム・サービス事業部長、
清水徳行 理事ソフトウェア事業WebSphere事業部長

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]