編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」
松岡功の一言もの申す

IBMが目論むPaaS統合戦略

松岡功

2014-09-03 07:00

 日本IBMが先頃開いた最新のPaaSに関する記者説明会で、新たな戦略展開が浮かび上がってきた。キーワードは「統合」である。

現在は2つのPaaSを展開

 IBMは現在、既存のアプリケーションをクラウド化する「PureApplication」と、クラウドアプリケーションを迅速に開発できる「Bluemix」という2つのPaaSを展開している。これらの最新動向について、日本IBMが先頃、記者説明会を開いた。

 PureApplicationは、プライベートクラウドでPaaSを提供できる垂直統合型システムとして2012年4月に発表された「PureApplication System」が発端。直近では今年6月に、PureApplication Systemの技術をオフプレミスでも利用できる「PureApplication Service on SoftLayer」が発表された。

 一方、Bluemixは、今年6月に正式公開されたサービスである。オープンソースソフトウェア(OSS)のPaaS環境ソフトウェア「Cloud Foundry」をベースとして、GUI部分をIBMが開発した。IaaSにはIBMの「SoftLayer」が適用されている。

 PureApplicationが既存のアプリケーションをベースとしたIBM色の濃いプラットフォームなのに対し、BluemixはOSSをベースとしたオープン指向のプラットフォームといえる。

 会見で説明があったこれらの最新動向の詳細については、関連記事を参照していただくとして、ここでは会見の中で浮かび上がってきたIBMのPaaSにおける新たな戦略展開に注目したい。


右から、日本IBMのVivek Mahajan専務執行役員ソフトウェア事業本部長、
高瀬正子ソフトウェア事業本部クラウド・プラットフォーム・サービス事業部長、
清水徳行 理事ソフトウェア事業WebSphere事業部長

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]