編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

VMware、「Fusion 7」「Fusion 7 Pro」を発表--「OS X Yosemite」に対応

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-09-04 14:15

 VMwareは米国時間9月3日、Appleの「Mac OS X」(開発コード名:「Yosemite」)に対応した仮想化ソフトウェアの「Fusion 7」と「Fusion 7 Pro」を発表した。

 Fusion 7は、Mac上で「Windows」を実行できる機能を提供するVMwareのソフトウェアだ。同アプリケーションは、「Parallels」デスクトップ仮想化ソフトウェアの競合製品である。

 消費者向けのFusion 7は、Yosemiteの半透明のウィンドウやツールバー、Dockアイコンを採用している。また、最大16個の仮想CPU、8テラバイトの仮想ディスク、64Gバイトのメモリを搭載する、より強力な仮想マシンをサポートする。さらに、最新のIntelプロセッサ向けに設計されており、CPUに高い負荷がかかるアプリケーションを43%高速に実行できる。

 一方、WindowsアプリケーションもMacアプリケーションもAppleの「Retina」ディスプレイに最適化されている。

 エンタープライズ向けのFusion 7 Proは、再起動なしでWindowsアプリケーションをMacで実行するための一連の管理ツールを提供する。さらに、開発者とIT管理者向けに以下の機能も備える。

  • 「Windows 8.1」と「Windows Server 2012 R2」、さらにそれらOSの旧版もサポートする。さまざまなバージョンのOS X、「Ubuntu 14.04」や「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)7」「CentOS 7」「Fedora 20」「Debian 8」を含む多様なLinuxディストリビューションもサポートする。
  • VMwareは、同社の「vSphere」や「ESXi」、「Workstation」などのプラットフォームに接続して、仮想マシンをプライベートクラウドにまで拡張できる機能も追加した。
  • デュアルGPU向けの最適化や、「iSight」を使ってビデオ会議を行う機能も追加された。
  • コンテナシステムである「Docker」のサポートも追加されている。

 価格は、Fusion 7が69.99ドル、Fusion 7 Proが149.99ドルから。8月1日〜9月30日の間に「Fusion 6」「Fusion 6 Pro」を購入した場合は無償アップグレードを受けられる。

figure_1
figure_2
figure_3

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]