編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

HP、低コストのIaaSを開始--軽い処理向け

NO BUDGET

2014-09-09 07:15

 日本HPは9月8日、サービスデリバリとワークロードパフォーマンスを実現し、運用監視オペレーションを提供するマネージドIaaS(Infrastructure-as-a-Service)、「HP Helion Managed Virtual Private Cloud Lean(VPC Lean)」を発表した。低コスト、高品質を目指したという。

 利用料金は、最小仮想サーバ1台あたりで月額1万500円から。クラウドでアプリケーションの動作確認をしたいユーザー向けには、HPのフルサポートによるトライアルサービスを提供する。

 同サービスは、中規模と大企業のアプリケーション開発、テスト環境、職場でのコラボレーションなど、比較的軽い処理を対象とするもので、短時間での使用開始やオンデマンドによる機能追加にも対応する。

 さらに、国別のクラウドによるデータ主権の明確化、高レスポンス、コンプライアンス、高可用性、セキュリティなどのオプションをそろえており、エンタープライズ機能を小さな初期投資で活用できるとしている。

 また、HP アカウントサポートやクラウド用のOSおよびアプリケーションの迅速な認証機能が利用できる。「HP Management Services」「SAP HANA Management Service」「Database-as-a-Service」、高可用性演算クラスタリングや仮想化、継続性サービス、追加のバックアップと保管オプションなど追加のエンタープライズサービスも提供している。

 同サービスは、ビジネスアプリケーション用に開発された可用性とセキュリティの高いHPのマネージドクラウドコンピューティング環境で提供される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]