求められるマーケティング自動化

デジタル化の波は止まらない--なぜマーケティングの自動化が求められるのか - (page 3)

尾花 淳(2BC)

2014-10-01 07:00

 ウェブサイトを支え最適化するシステムとしては、ウェブのコンテンツマネジメントシステム(CMS)があります。これはサイト上のページに表示させる情報の管理だけでなく、最近は、閲覧者に応じて動的にコンテンツを出し分けるダイナミックコンテンツ機能を搭載しているものもあります。

 アクセス解析ツールもサイト運営には欠かせないものです。さらに、フォームやページの内容を複数パターンでの自動テストを通じて最適化するシステムもあります。

 おなじみの顧客情報管理システム(CRM)もマーケティングの最適化には欠かせないものの1つです。オンラインとオフラインとを有効に橋渡しするO2O関連の機能もここ数年で急激に伸びてきた領域です。また、BtoBや高価で検討期間の長いBtoC商材については、見込み客を管理するリードマネジメントツールなどを活用することも多くあります。

 そして、メールも進化を続けていることは先にも触れました。システムは、配信に主眼を置いて機能をシンプルにした安価なものから、外部システムとの連携によって複雑な配信条件を実現できるような高価なものまで、機能も価格帯も幅広い選択肢が用意されている分野といえます。

 ソーシャルメディアについてもたくさんのシステムが提供されています。特に、莫大なソーシャルメディア上の投稿を収集や分析することに取り組んでいるツールは多数リリースされています。

システムの統合化としての自動化

 そしてデジタルマーケティングの真骨頂の1つでもある電子商取引(EC)関連のシステム。これはカート機能のみならず、レコメンデーションエンジンやページの動的な差し替えなど多様な仕組みを保有しています。

 ここまでたくさんの種類のツールがあると、どれを使ったらよいかがよく分からなかったり、システム間のデータ受け渡しが多くなりすぎたりと課題も出てきています。この課題に対して、できる限りシステムの統合化を進めているのがマーケティングオートメーションと呼ばれるシステムになります。

 もちろん前述のすべてを網羅するものではありませんが、大半の部分をカバーしています。個別ツールからの乗り換え事例も出てきています。次回からは、このマーケティングオートメーションにスポットをあてていきたいと思います。

尾花淳
2BC代表取締役。BtoBに特化したインサイドセールスのアウトソーシング会社にてコンサルティング部門を率いた後、日本初のインバウンドマーケティング専業エージェンシーの起ちあげに参画。2013年5月に独立し、2014年8月に社名変更をして現職。BtoBマーケティング全体像をとらえたプロセスとコミュニケーションのロジカルな設計に強い。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]