Oracle OpenWorld 2014

オラクル、モバイルアプリケーション向けフレームワークにセキュリティ機能を統合

ZDNET Japan Staff

2014-10-01 05:58

 米Oracleは年次ユーザーカンファレンス「Oracle OpenWorld San Francisco2014」を開催しており、数多くの新製品やサービスを発表している。

 米国時間の9月30日には、モバイルアプリケーションの構築フレームワーク「Oracle Mobile Application Framework」と、モバイル向けセキュリティ製品である「Oracle Mobile Security Suite」の統合を強化すると発表した。

 統合による新機能により、Mobile Application Frameworkアプリケーションが、認証、暗号化、情報漏えいからの保護、企業ポリシー適用、選択的ワイプ、シングルサインオンといったOracle Mobile Security Suiteのコンテナの保護サービスを利用できるようにする。

 また、企業内で使われている既存のID情報をモバイルアプリケーションにも拡張でき、モバイルアプリケーションの開発工数を減らせるという。

 既存のサーバセキュリティ管理ソフトウェアと統合させることもできる。Mobile Application Frameworkを「Oracle Access Management Suite」と統合させ、企業はOpenIDやOAUTH2などの業界標準を利用して、1つのサービスからのモバイルおよびウェブアプリケーショにシングルサインオンできる。

 このほか、権限の一元管理、ログインセキュリティの強化も施す。

 Oracleは、ビジネスでのモバイルの役割が拡大する中で、企業の懸念はセキュリティとする。93%がモバイルデバイスに関連するデータ損失やその他のセキュリティ違反に懸念を示し、主な要因としてBYODを挙げているとの調査結果を紹介した。

 Oracle OpenWorld 2014のレポートはこちら

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]