編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

NEC、SDN分野でグローバルパートナー向けポータルサイトを開設

NO BUDGET

2014-10-15 06:30

 NECは10月14日、データセンター市場おけるSDN(Software-Defined Networking)を活用したネットワークアプリケーションやソリューションの開発と導入をグローバルに促進するためにパートナーシッププログラムを開始したと発表した。

 また、NECのSDN関連のAPIや、APIと連携したソフトウェア開発のためのマニュアル、標準ソースコードをセットにした開発キットを公開し、パートナーのアプリケーションやソリューション開発を支援するポータルサイト「NEC SDN Partner Space」を開設した。

 NECは、ONF(Open Networking Foundation:SDNアーキテクチャの開発と標準化を通じてネットワーキングの変革を目指す非営利団体)やOpenDaylight(オープンソースのSDNコントローラプラットフォームの協業開発プロジェクト)などの各種標準化団体やコミュニティに参画し、2011年に世界初のSDN対応製品「UNIVERGE PF6800」を発売するなど、SDNの普及促進に貢献してきた。また、200システムを超えるユーザーへの導入実績から、SDNのメリットを活用できる適用領域やネットワーク運用の各種ノウハウを得ている。

 NEC SDN Partner Spaceに参加を表明している主なパートナー企業は、Dell、HP、Microsoft、Alcatel-Lucent Enterprise、Radware、Trend Micro、NoviFlow、Centec、Meru Networks、Ixia、Broadcom、Extreme Networks、RedHat、RedCannon、Aria Networks、H-Log、Abiquo StackOps、他(順不同)の各社。


NEC SDN Partner Space

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]