編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本IBM、ストレージ製品ラインアップを強化し3製品を発表

NO BUDGET

2014-10-30 07:30

 日本IBMは10月29日、ビッグデータを活用するアナリティクスにおいて重要となる大量なデータを、効率的かつ経済的に保管するストレージ製品のラインアップを強化すると発表した。製品名は「IBM FlashSystem V840」「IBM Storwize V7000 / V7000 Unified」「IBM TS1150」の3製品。

 各製品の概要は以下の通り。

 FlashSystem V840は大量データのリアルタイム処理を加速するために拡張性を強化。コントロールエンクロージャー 8ノード、AE1ストレージ・エンクロージャー20台の最大クラスタ構成では、容量を800TB、処理能力を250万IOPS まで拡張できる。

 さらに、データ圧縮エンジンを2機搭載することで、リアルタイム圧縮処理を従来比2倍に高速化し、実効容量1.6PB(1/2圧縮時)、120万IOPSを実現。ハードウェアでの暗号化(AES256対応)により、データをセキュアに保護する。FlashSystem V840の最小構成価格3322万8400円(税別)から。

 V7000 / V7000 Unifiedの第2世代機は、リアルタイム圧縮の性能を従来比2倍に向上するとともに、新たに6TBドライブに対応し、同じ設置面積で従来比1.5倍のデータを保存できる。また、搭載される全てのドライブに対して暗号化を施し、データをセキュアに保護する。Storwize V7000 / V7000 Unifiedの最小構成価格は855万円(税別)から。

 TS1150テープ・ドライブは、従来比2.5倍となる10TBの大容量と44%高速な最大360MB/秒(非圧縮時)の転送レートを実現する「IBM 3592第四世代 テープカートリッジ」に対応した。「IBM Linear Tape File System」を活用することで、テープに保管されたデータにアプリケーションから直接アクセスでき、データの利用と長期保管における利便性とコスト効率を高められる。最小構成価格798万7800円(税別)。

 さらに、「IBM Security Key Lifecycle Manager」により、TS1150を使用するストレージの分散環境全体の暗号鍵を用意に生成、管理でき、データを保護する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]