編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

セールスフォース、「Radian6 Buddy Media Social Studio」を刷新へ

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-11-20 16:27

 Salesforce.comの「Radian6 Buddy Media Social Studio」に、春に発表されて以来の大規模な改良が加えられる。

 このソリューションは、マーケティングコラボレーション、エンゲージメント、パブリッシング、アナリティクスに利用できるエンタープライズクラスのソーシャルメディア管理システムとして既に宣伝されており、今回の最新アップグレードの狙いはソーシャルリスニングと分析機能の強化だ。

 「Service Cloud」の顧客はフリーミアムモデルでSocial Studioをテストすることができ、TwitterまたはFacebookでのキャンペーンを試せるオプションを利用できる。この2つの主要ソーシャルメディアブランドに加えて、Service Cloudのソーシャルネットワークサポートは「Sina Weibo」と「Google+」にも拡大される。

 Salesforce.comの製品マーケティング担当バイスプレジデントであるGordon Evans氏が米国時間11月14日に電話で語ったところによると、今回のアップデートにより、ソーシャルメディアマーケターは1カ所から自分の業務を遂行できるようになり、複数のソリューションを使いわける必要がなくなるという。

 Social Studioユーザーの1社であるSymantecでグローバルソーシャルメディア担当ディレクターを務めるCharlie Treadwell氏は、良いときも悪いときも、その間のすべてのときも、ソーシャルは顧客体験に関連するすべての職務において極めて重要だと主張した。

 一部機能のパイロットプログラムは1週間以内に開始され、一般提供は2015年第1四半期に開始される予定だ。Social Studioのエディションベースの価格は月額1000ドルからとなっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]