編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

富士通、地域の特性を把握できるウェブサイト--Linked Open Dataで公開

山田竜司 (編集部)

2014-12-12 16:44

 富士通と富士通研究所は12月11日、CO2やごみ排出量、病院数、地域内総生産など日本全国の地域に関するデータを市区町村単位で分析できるツールをウェブサイト「EvaCva」で公開した。

 政府統計など1200項目以上の公開データから、環境や社会、経済の視点で47項目の指標を作成し、全国1742の自治体を人口規模で類型化。類似自治体内での相対比較などをサイト上で分析できる。

 ツールは、ウェブの技術を応用して、機械が判読できる形でデータをつなげるというLinked Open Data(LOD)の形式で掲載している。ほかのオープンデータやユーザーが所持しているデータとも容易に組み合せて利用できる。地域に関するさまざまなデータを取り込み、複雑な分析や新たなサービスの創出につなげるねらいがあるとした。

 富士通は、地域の課題を解決し、地方創生につなげるには、地域の特性に即した施策の立案と実行が必要であるとし、2月には統計データを活用して、環境や社会、経済などさまざまな観点から地域の特性を見える化するツールを開発。今回、サイトで公開した。

 今後、SNSなどに投稿された意見を参考に機能拡充を図り、ユーザーとともに地域を活性化するイノベーションの創出を目指すとしている。

地域データの分析例
地域データの分析例(富士通提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]