編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

好調アップルにともる黄信号?--2015年に直面する5つの課題 - 6/6

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-12-26 06:00

「OS X」ユーザーを増やす

 Appleはモバイル分野では好調だが、「Mac」の販売台数に関して言えば、数字を大幅に伸ばすのに苦労している。四半期の販売台数は500万台付近を推移しているようだ。

 しかし、新たにiOSとOS Xの統合が強化されたことで、そうした状況が変わる可能性もある。とはいえ、Appleが両OSの統合の利点についてメッセージを発信することができなければ、状況を変えることはできないだろう。

 Appleは2つのプラットフォームをより密接に連携させる、率直に言って非常にすばらしい機能を既に開発済みだ。同社は2015年、それらの機能の認知度を高めるために、iPhoneとiPadの広告にMacを登場させるのではないか、と筆者は予想している。

 さらに、モバイルとデスクトップ/ノートブックの連携性は、法人顧客にとって非常に魅力的な機能になる可能性も秘めている。Microsoftはそのような機能をユーザーに提供できる立場にない。

「OS X」ユーザーを増やす

 Appleはモバイル分野では好調だが、「Mac」の販売台数に関して言えば、数字を大幅に伸ばすのに苦労している。四半期の販売台数は500万台付近を推移しているようだ。

 しかし、新たにiOSとOS Xの統合が強化されたことで、そうした状況が変わる可能性もある。とはいえ、Appleが両OSの統合の利点についてメッセージを発信することができなければ、状況を変えることはできないだろう。

 Appleは2つのプラットフォームをより密接に連携させる、率直に言って非常にすばらしい機能を既に開発済みだ。同社は2015年、それらの機能の認知度を高めるために、iPhoneとiPadの広告にMacを登場させるのではないか、と筆者は予想している。

 さらに、モバイルとデスクトップ/ノートブックの連携性は、法人顧客にとって非常に魅力的な機能になる可能性も秘めている。Microsoftはそのような機能をユーザーに提供できる立場にない。

提供:Apple

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]