編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

注目浴びる新型「MacBook Air」のうわさ--企業ユーザーは変化を受け入れる覚悟を - (page 2)

Erik Eckel (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-01-15 06:00

 おそらく薄型化と軽量化が目標なのだろう。だとしたら、256Gバイトのドライブと「Core i7」を搭載する13.3インチモデルを少し前に購入できて本当によかったと思う。このモデルはかなり長く使い続けることになるかもしれない。

 さらにGurman氏は、Appleはケースの角度をこれまでよりもっと急勾配にして、縁を落とすために、狭いスペースにキーを詰め込む可能性があると述べている。そんなことをしたら、タイピングが困難になるだろう。もっと小さなMacBook Airが欲しければ、筆者は11インチモデルを買っていた。

 ビジネスユーザーの多くは、外付けのドライブやディスプレイなど、さまざまな周辺機器を接続するために複数のポートを必要としている。1基のUSB Type Cポートしか搭載されなくなったら、どうすればいいのだろうか。アダプタをいくつも持ち運べというのか。間違いなく薄型軽量ノートブックの意味がなくなってしまう。そのような構成になれば、MacBook AirユーザーはMicrosoftの「Surface」ユーザーと同じくらいひどい状況に置かれるだろう。Surfaceユーザーはほとんどどこへ行くにも、スタイラス、キーボード、キックスタンドを携帯しなければならない。

 多くのMacユーザーは既に複数の電源コードを持っており、1つは職場に置いて、1つは自宅で使っている。そのため、外出するたびに電源ユニットを携帯する必要はない。しかし、Appleは、コンピュータへの給電技術として新しいUSB Type Cを採用するという誘惑に駆られるかもしれない。どうなるかは誰にも分からない。重量3ポンド(約1.3kg)以下の新型MacBook Airに接続されたケーブルに誰かが足を引っかけるまで待ってみよう。本体が床の上で粉々に砕けるということもあるかもしれない。

 別のうわさでは、クリック可能なトラックパッドから「クリック機能」がなくなると言われている。これは、クリックするためにパッドを押したときに発生する触感フィードバックのことだが、デザイナーがスペースを節約して筐体を薄型化する必要があるために、この機能が削られるという。筆者は個人的に、キーをタイプしたりトラックパッドを操作したりするときの触感を大変気に入っている。これらの機能がMacBook Airシリーズから削除されてしまったら、筆者(やほかのビジネスユーザー)は「MacBook Pro」シリーズに再び魅力を感じるようになるかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]