編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

POP3/IMAP4サーバ「Dovecot」商用版、日本でも提供--Amazon S3などに保存可能

NO BUDGET

2015-01-28 17:27

 TwoFiveは1月27日、メールプロトコルのPOP3とIMAP4に対応するサーバソフトウェア「Dovecot Pro」の販売とサポートを開始した。オープンソースソフトウェア(OSS)の「Dovecot」の商用ディストリビューションになる。Dovecotを開発するフィンランドのDovecotと契約を締結した。ISPをはじめとする大規模システム向けに販売していく。

 Dovecot Proの税別価格は500メールボックス34万5000円から。稼働環境はx86版とx86-64版のRed Hat 5.x/6.x、CentOS 5.x/6.x。

 Dovecotは、UNIX系OSで稼働するOSS。Dovecot社のチーフアーキテクトであるTimo Sirainen氏が中心となって開発し、2002年に初版が公開されて以来、世界中のメールストアの約50%で採用されているという。可用性と信頼性が高く、現在も積極的な技術開発が継続されていることからOSSのIMAPサーバソフトである「UW-IMAP」や「Cyrus-IMAP」からの置き換え導入が進んでいるとしている。

 Dovecotの特徴は、フロントエンドの「Dovecot Director Server」とバックエンドの「Dovecot Store Server」の2階層構成ステートレスアーキテクチャとなっている。

 Director Serverは、ハッシュ計算をもとにしてユーザーごとにStore Serverをバランスよく割り当てる負荷分散(ロードバランサ)の役割も担い、メールユーザーのMUA(Mail User Agent)が直接アクセスするPOP3とIMAP4のプロキシとしても動作する。

 クラスタ構成が可能なDirector Serverは、グルーピング機能でどのユーザーがバックエンドのStore Serverのどこに割り当てられているかを共有しており、メールを適切に振り分ける。全てのDirector Server とStore Serverは、同時にステートレスで動作するので、メールサーバの障害でメールが受け取れないといった事態を回避できるという。

 2階層構成の仕組みで共有ファイルシステムでのメールボックスでの運用も容易になり、ユーザー企業の規模にあわせて柔軟にステートレスな構成を容易に組めるとしている。システム稼働中でも随時サーバの入れ替えや追加が可能なので、ユーザー数やメール量の増加に応じて、容易にスケールアウトできるという。

Dovecotの構造
Dovecotの構造(TwoFive提供)

 商用版のDovecot Proでは、オブジェクトストレージの利用を可能にするプラグインが提供され、「Amazon S3」や「Microsoft Azure」などのクラウドオブジェクトストレージなども利用可能となる。Dovecotは、メールユーザーがストレージにアクセスして既読したメールをDirector Server上にローカルキャッシュするので、オブジェクトストレージ利用で課題となるネットワーク遅延の影響を最小化、ユーザビリティを維持したままスケーラビリティを獲得できるという。

 TwoFiveでは、Dovecot Proで利用できるオブジェクトストレージ「Scality RING Organic Storage」(米Scality開発)も販売している。RING Organic Storageはペタバイト規模まで拡張可能なオブジェクトベースの分散トレージソフトウェア。Dovecot Proと組み合わせれば、ISPをはじめとする大規模メールシステムに最適と説明する。

 Dovecot Proはインデックスデータを2分の1~3分の1に圧縮することでメールシステムのリソースの浪費を防ぐことのできる高速サーチ機能を搭載しているほか、TwoFiveによる付加価値として、OSSの「OpenLDAP」をベースにしたLDAPと、メール管理ソフトウェア「Modoboa」をベースに開発した日本語GUIも提供される。

 TwoFiveは、大手ISPやASP、携帯事業者のメールシステムインフラで長年経験をつんだメールシステムの技術者などで2014年に設立された。日本のメール環境を向上させることを使命としてベンダーニュートラルな立場で最適な技術とサービスを組み合わせ、メールシステムの設計や構築、セキュリティなどについてコンサルティング、各種レピュテーションデータを提供している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]