編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IaaS「SmarterCloud Enterprise」でOSSのサポートサービス

田中好伸 (編集部)

2012-11-28 17:07

 日本IBMは11月28日、IaaS「IBM SmarterCloud Enterprise(SCE)」の上で稼働するオープンソースソフトウェア(OSS)へのサポートサービスを開始したと発表した。税別の利用料金は、仮想サーバ1台の上で稼働する1ソフトウェアあたり月額5986円から。

 提供開始となったのは「OSSサポートサービス for SCE」。同社のパートナー企業であるAITとAITのグループ会社であるSRA OSS(日本支社)がサービスを提供する。

 対象となるOSSは、ウェブサーバ「Apache」やアプリケーションサーバ「Tomcat」、データベース「PostgreSQL」、分散メモリキャッシュ「memcached」、メール転送エージェント「Postfix」、POP3/IMAPサーバ「Dovecot」、DNSサーバ「BIND」、ディレクトリサービス「OpenLDAP」。対象OSSは順次拡大し、適用するシステムの種類に応じて、サービスパックとして用意していく予定としている。

 今回のサービスは、SCEと同じ課金方式を採用することでユーザー企業が利用するソフトウェアだけを対象に、利用期間だけ月単位でOSSのサポートを契約できる。サービスの内容は、Linuxディストリビューション「CentOS」をベースにしたインストールパックの提供、ソフトウェアの設定方法や使い方、ソースコードの解析などの技術的問い合わせ、障害対応となっている。

 IaaSは、柔軟にシステム構成を拡大したり、縮小したりできることが魅力であり、利用するサーバソフトウェアもあわせて柔軟に変更できることが望まれていると説明。その中で、ソフトウェアを自由に利用できるOSSが有効な選択肢となっている。企業の主要業務にクラウドを活用したいという要望が高まるにつれ、クラウド環境でOSSの利用を検討する企業が増えていると、今回のサービスの背景を説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]