編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

次期「Windows Server」、リリースが2016年に延期

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-02-02 10:57

 過去数年間、Microsoftは「Windows」クライアントとサーバの最新版のリリース時期を合わせてきた。だが「Windows 10」ではこの方法をとらず、「Windows Server」次期版のリリースを2016年に延期し、Windows 10クライアントは2015年に発売することになった。

 クライアントとサーバを分離してリリースする計画は、Microsoftが米国時間1月30日にブログで発表した。

 次期Windows Serverのリリースが遅れるのではないかといううわさは以前からあった。私は自分の情報筋から得ていたし、Windows IT Proもそのような憶測を出していた。

 Microsoftの30日のブログでは、サーバの次期版のリリースを遅らせる理由を説明していない。私はいくつかの説を聞いたが、その中にはWindows Serverの最新版には許容できない数のバグがあり、2回目のパブリックリリースが当初予定していた「2015年はじめ」から「2015年春」に延期されたというものもある。

 また、遅れの理由は多くのユーザーをクラウドに移行させようというMicrosoftの戦略の一部だろうとみる説もある。Microsoftはクラウドファースト戦略の下で新機能をロールアウトしているからだ。

 私の意見はというと、Windows IT ProのRod Trent氏と同じで、Windows Serverの次期版を延期するという決定が「Windows Server 2003」のサポート終了となんらかの関係があるのではと考える。Microsoftはアップグレードに関するメッセージを混乱させたくなく、現在もWindows Server 2003(セキュリティパッチを含むMicrosoftの無償サポートは7月に終了する)を使っている顧客に対して、マイグレーション先は「Windows Server 2012 R2」だと伝えたかったのではないか。

 また、Windows Server 2012 R2が登場してからわずか2年後にメジャーバージョンをリリースするのは間隔が短すぎるという指摘をビジネスユーザーとIT担当者の両方から受けた可能性も考えられる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]