編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Office 2016」プレビューがテストサイト「Connect」で一時公開

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-02-10 11:25

 Microsoftは米国時間2月9日、「Office 2016」のコンシューマー向けテクニカルプレビューを、テストサイト「Microsoft Connect」の登録ユーザーにも公開したが、同日のうちに取り下げた。

 アクセスが削除される前、Office 2016テスト版の公開が不慮のものか計画されていたのものなのかをMicrosoftに訊いてみたところ、以下のような回答をもらった。

 「秘密保持契約(NDA)に合意すれば、だれでもテスト版にアクセスできる。今回われわれが公開したのは、早期段階にあるNDAプレビューだ」

 Office 2016はデスクトップ版Officeスイートの次期版で、「Office 16」というコードネームで呼ばれてきた。Microsoftは数カ月前からこのOffice 2016のテストを続けている。2014年10月に最新のテスト版を、そして2015年1月にその更新版をリリースしている。1月のテストリリースのスクリーンショットは、Neowin.netが掲載している。

 Office 2016正式版のリリースは2015年後半の予定だとMicrosoftの幹部は述べている。

 これまでのところ、Office 2016プレビュー版で利用できる新機能は、ごく少数にとどまっている。

 その1つが、次期Windowsの「Office Online」「Office for iPad」にも導入される「Tell Me」ツールだ。この機能は、Officeで自分がやろうとしている作業の方法を尋ねるもので、ドキュメントを見たりOfficeのリボンをうろうろする必要がなくなる。

 また、スクリーンショットを見る限り、Officeドキュメントで画像を適切に配置するのを支援する画像自動回転機能や、新しい「ブラック」テーマオプションなども入っているようだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]