編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マカフィー、中小規模企業向けのセキュリティスイート製品を発表

NO BUDGET

2015-02-19 18:01

 マカフィーは2月19日、中小規模企業向けに、低コストで包括的なセキュリティスイート「McAfee Endpoint Protection for SMB」を発表した。2月23日に国内販売代理店経由で提供を開始する。

 同製品には「McAfee Endpoint Protection Essential for SMB」(Essential)と「McAfee Endpoint Protection Advanced for SMB」(Advanced)の2つのエディションがあり、それぞれ新規導入のほか他社エンドポイントセキュリティ製品のユーザー向け乗り換え用ライセンスが提供される。価格体系は4通り。

 最小5ノードから最大250ノードまで購入可能、101~250ノードで1年契約した場合の1ノードあたり参考価格は、Essentialの新規が年間3380円から、同乗り換え版が年間2190円から、Advancedの新規が年間6760円から、同乗り換え版が年間4390円から(いずれも税別)。

 各エディションの機能は以下の通り。


 本製品の主な特徴は以下の通り。

最新の「McAfee Endpoint Security 10.0」による保護

 今回、日本で初めて提供されるMcAfee Endpoint Security 10.0は、マルウェア対策、脆弱性防御、デスクトップファイアウォール、ウェブコントロールなどの機能を備えた最新かつ包括的なエンドポイント保護製品。デバイスを使用していない時間帯にマルウェアなどのスキャンを実施するため、エンドユーザーの業務に影響を与えないという。

クラウドに新規対応した「McAfee ePO」による低コストなセキュリティ管理

 同製品に含まれるセキュリティ管理ソフトウェア「McAfee ePolicy Orchestrator(ePO)」が新たにクラウド上で利用できるようになる。これによりエンドユーザーは、セキュリティポリシーの設定や対象デバイスの追加や削除などを、ウェブブラウザベースの管理画面から管理できるようになる(一部の構成製品は未対応)。

 管理サーバはクラウド上に配置され、従来自社内に用意していた管理サーバを購入する必要がないため、ハードウェアや運用にかかるコストを大幅に削減できる。

メール対策や暗号化管理、モバイル対策までを網羅する豊富なセキュリティ対策機能(Advanced)

 Advancedエディションでは、暗号化管理機能やモバイル端末管理などの情報漏洩対策の機能も含まれるほか、クラウドベースのメール対策機能も含まれており、脅威対策以外のセキュリティ対策を低コストで実装できる。


McAfee Endpoint Protection for SMB 利用イメージ(マカフィー提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]