IT部門の要員不足を解決する中堅企業向けサービス--NECネクサ

NO BUDGET

2015-03-05 15:06

 NECネクサソリューションズは3月4日、中堅企業向けに「IT部門運営支援サービス」を4月から提供すると発表した。

 多くの人材をIT部門に配置することなく、ITを有効活用できるように支援することで企業経営を支えるサービス。従来型の要員派遣による人材支援や一時的なコンサルティングだけではなく、ITの専門家が組織的、継続的にIT部門の課題を解決し、経営に貢献できるようにする。

 価格はベーシックサービスが月額20万円から、ベーシックサービスと合わせて利用するアドバンスドサービスが月額50万円から(いずれも税別)。今後3年間で、100社への販売を目指す。

 ITの運用には広範囲な知識と専門性が求められるが、中堅企業においてはIT部門の人材確保が困難な状況にあり「最新のITスキルを有した人材がいない」「ITに高額なコストをかけたくない」「運営を専門家に任せたい」という課題やニーズが顕在化している。こうした課題やニーズに対応するため、組織的かつ継続的なサービスとして提供する。

 サービスの特徴は以下の通り。

ベーシックサービス

 IT部門の運営に関する相談やアドバイスをユーザー企業の立場で実施する。週1回2時間の定期的な打ち合わせを実施。以下のサービスを主体としてユーザーと共に検討し、アドバイスや情報を提供する。

  1. 現状分析 As-Is
  2. 企画/計画検討支援
  3. IT定常業務運営支援
  4. システム構築・サービス導入マネジメント支援
  5. 調達支援
  6. 社内教育啓蒙支援
  7. ITアドバイザリー

・チームでユーザーをサポート

・打ち合わせ場所は、原則としてユーザーのオフィス内

・打ち合わせの追加開催の要望があれば、ユーザーの必要とするタイミングで別途対応可能

アドバンスドサービス

 アドバンスドサービスは、ベーシックサービスに加え、ユーザー企業のIT部門長の補佐として、専門家がユーザー先にてIT部門運営支援業務を実施する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]