編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

世界のエンタープライズ向けストレージ市場、2014年第4四半期も健全な成長

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-09 10:47

 世界のエンタープライズ向けストレージおよびサービス市場は2014年第4四半期も健全な成長を見せた。市場調査会社IDCが明らかにした。

 米国時間3月6日に公開されたIDCの第4四半期レポートによると、売り上げは106億ドル近くにまで伸び、前年同期比7.2%増となった。

 また第4四半期の出荷総容量は、前年同期比43.7%増の31.8エクサバイトに達した。

 IDCのリサーチディレクターEric Sheppard氏は同レポートで、第4四半期の実績が2014年全体を締めくくる「力強いフィニッシュ」であったと形容するとともに、この増加は「年末という季節的要因と、フラッシュストレージを組み込んだミッドレンジシステムに対する需要、超大規模データセンター向けシステムの継続的な成長によるものだ」と記している。

 2014年全体で見ると、世界におけるエンタープライズストレージシステムの工場出荷ベースの売り上げは3.6%増加して362億ドルになった。通年での容量消費も43%増加して99.2エクサバイトとなった。

 IDCによる「ディスクストレージシステム」の定義は、「3台以上のディスクと、それに関連するコントローラやケーブル、(場合によっては)ホストバスアダプタ(HBA)を含んだストレージ要素の集合体」となっているため、インフラを構成するストレージハードウェア(すなわちスイッチ類)や、バンドルされていないストレージソフトウェアは含まれない。さらに、この調査結果はストレージ製品の製造業者ではなく、その販売業者やブランドに基づいものとなっている。

 ベンダー別のリストでトップに立ったのはEMC。同社は第4四半期に世界の総支出の22.2%を占めた。2位のHewlett-Packard(HP)は13.8%のシェアを獲得した。

 また同レポートでは、DellとIBMはそれぞれ9%のマーケットシェアで「統計上同列」になり、5位のNetAppのシェアは7.2%だった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]