編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

マイクロソフト、「Windows 10」でディスク使用量を大幅削減へ

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-17 10:33

 Microsoftは次期OS「Windows 10」で、ここ数年無視できない問題となっていたストレージに対応すべく本腰をあげる。

 米国時間3月16日付のブログでMicrosoftは、Windows 10のディスク使用量削減に積極的に取り組んでいることを認めた。これにあたってWindowsシステムファイルの圧縮(Windows 10 Preview build 9879に何の説明もなく加わったオプション。現在のビルドのDisk Cleanupツールで利用できる)などを変更する。Microsoftはまた、リカバリイメージも再設計する計画だ。

 同社がブログで示した例によると、これらの変更により、Windowsシステムファイル向けのディスクの容量は最大で45%も削減できるという。


64ビット版Windows 10での使用量削減の例(緑の部分)

 Microsoftは、Windows 10で2つの分野で取り組みを進めているという。1つ目は、システムファイルの効率的な圧縮だ。Microsoftによると、これにより空き容量は32ビットシステムで1.5Gバイト、64ビットシステムで2.6Gバイトも増えるという(スマートフォン向けWindows 10もこの圧縮アルゴリズムのメリットを享受できるとのこと)。

 実際にWindows 10 build 9926をインストールした「Surface Pro 3」でDisk Cleanupツールを試してみたところ、2.5Gバイトのストレージを復旧できるとのことだった。実際にDisk Cleanupを実行後に得られた容量は4Gバイトだった。

 さらに重要なのが2つ目で、大きな容量を占める別途リカバリイメージの作成がなくなる。これにより、4Gバイトから12Gバイトの容量を取り戻すことができる。Refresh/Reset機能の再設計も重要だ。

 Microsoftはまた、WIMBOOTについても改良を進める。WIMBOOTはWindows 8.1で導入されたが、素晴らしいものとはいえず、OEMは専用のインストールプロセスが必要だった。サードパーティーのツール開発者がWIMBOOTイメージを利用することも不可能だった。システム圧縮の変更によりWindows 10の将来のビルドでは標準的なインストールプロセスを利用するようになり、他のシステムが圧縮を利用できるようにするとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]