マイクロソフト、ビルドプラットフォーム「MSBuild」をオープンソース化

ZDNET Japan Staff

2015-03-20 10:49

 Microsoftは米国時間3月18日、「Microsoft Build Engine(MSBuild)」をオープンソースにした。「.NET」および「Visual Studio」向けのビルドプラットフォームとなり、「.NET」技術のオープン化を進める同社の最新の取り組みとなる。

 MSBuildはアプリケーション構築のためのプラットフォームで、XMLスキーマを提供する。これを利用してプラットフォームがソフトウェアのプロセスとビルドをどのように制御するかを定義できる。Visual StudioはMSBuildを利用するが依存関係にはないとのこと。そのため、msbuild.exeをプロジェクトやソリューションファイル上で実行すると、Visual Studioがインストールされていない環境でも製品のオーケストレーションとビルドが可能だという。

 Microsoftによると、「.NET Core Libraries」「.NET Core Runtime」もMSBuildを利用して構築したという。ともにオープンソースとして公開されている。

 今回公開したのは、「Windows」版で、今後Linuxと「Mac OS X」にも対応予定。これにより、自分の好みのプラットフォーム上でオープンソースの.NETプロジェクトを構築できるとしている。

 MSBuildはGitHubでコードを公開している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]