編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

神奈川県、人事給与システムに民間視点を取り入れたパッケージを採用

NO BUDGET

2015-03-24 06:30

 神奈川県は、職員約8万人の人事給与管理システムとして、新たにパッケージソフトウェアの導入を決めた。製品を提供するワークスアプリケーションズが3月23日に発表した。

 神奈川県では県民へのサービス向上を目指し、県の業務効率化により職員の生産性を高める「スマート県庁大作戦」を推進しており、その一貫として、稼働から13年が経過していた人事給与システムの再構築を検討していた。

 これまでの人事給与システムは、度重なる制度改正対応によって多額の改修費が発生していた上に、制度にシステムが完全に対応しきれない部分は職員が手作業で対応するなど、運用は課題を抱えていた。

 新たな人事給与システムとして選んだのは、ワークスの「COMPANY 人事・給与」。選定に際して、以下の2点の提案内容を評価したという。

投資コスト抑制

 契約期間(構築~運用・保守を含めて8年間)内に発生するシステム改修費用やバージョンアップ費用など、初期費用に上乗せされる追加コストをすべて含めた金額で調達を行うことにより、投資コストを抑えられること。

 COMPANYは定額保守料以外に追加費用が発生しないため、明確化できない将来的な外部、内部環境の変化にも無償で対応でき、長期的なコスト削減につながるとの期待がある。

制度や業務の見直し

 COMPANYは、さまざまな業種業態で必要とされる機能を標準機能として搭載しており、最適な機能を備えるテンプレートとして適用できる。また、人事考課や賃金制度など、民間企業ならではの業務ノウハウを活用できる。

 システム再構築にとどまらず、制度や業務のあり方にまで踏み込んだ見直しも期待している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]