ワークス、企業向けIM「LaKeel Messenger」提供--COMPANYと連携

NO BUDGET 2014年11月27日 17時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワークスアプリケーショズは11月26日、レジェンド・アプリケーションズが開発する企業向けインスタントメッセンジャー(IM)「LaKeel Messenger by WORKS APPLICATIONS」の販売を開始した。オンプレミス版とクラウド版が用意されている。エンドユーザーごとの課金だが、料金は個別見積もりとなっている。ワークスでは、2015年中に大手企業を中心とした100社への導入を目指す。

 IMは無料のものが広く普及しているが、企業内コミュニケーション手段として使うにはセキュリティ上のリスクが指摘されている。LaKeel Messengerは、IMの手軽さや利便性をそのままに、セキュリティや管理機能を充実させるなど、ビジネスシーンでの利用を前提に設計、開発されたとしている。既存のグループウェアや内線電話ではカバーできない、リアルタイムコミュニケーションを補完できると説明している。すでに1万人を超える大規模ユーザーへの導入も進んでいるという。

LaKeel Messengerの画面イメージ
LaKeel Messengerの画面イメージ(ワークス提供)

 ワークスが販売するLaKeel Messengerでは、組織の階層管理が可能としている。ワークスが提供する統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「COMPANY」シリーズとも連携し、大手企業での組織改変や人事異動にも迅速に対応できるとしている。ログインしてPCを立ち上げると、LaKeel Messenger上に在席が通知される。

 日英中の3カ国語に対応。複数人でのチャットも可能だ。会話ログは自動で編集され、議事録として出席者に送信される。

 送受信したメッセージは、送受信者や日時、メッセージ内容から瞬時に検索できるという。コンプライアンス上問題のある会話が行われていないか確認することもができる。メール機能の利用可否、添付ファイルの送信可否、禁止ワードなども設定できる。ログイン状況を管理画面で把握することも可能だ。

 ユーザー企業ごとにOSレベルでデータベースを分離、通信の内容は全て暗号化、アクセス元のIPアドレスを限定することでセキュリティを確保できるという。ワークスから提供されるクラウド版では、情報システム部門に負担が少なく、すぐに利用可能と説明。サーバ監視やセキュリティ維持管理を一貫してワークスに依頼できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算